« 新型プリウスタクシーの評価は……? | トップページ | 紅白 »

2015年12月24日 (木)

CX-3が早くも改良!

 CX-3が発売1年未満で改良!

 CX-3には今年の2月、発売直後に試乗(記事はこちら:デビューホヤホヤ、CX-3に試乗!)して、とても出来のいいクルマだと感じたけど、マツダは早くもさらなる改良をしてきた。

「マツダ CX-3」を商品改良|MAZDA
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201512/151224d.html

 トピックはナチュラル・サウンド・スムーザー全車標準装備になったこと。ナチュラル・サウンド・スムーザーの効果のほどは僕自身は体験していないのだけど、ディーゼルエンジンのあのカラカラ音を低減するということで大注目のパーツだ。これまではAT車だけにメーカーオプション設定されていた。そう、MT車には付けたくてもできなかったのだ。それが全車に標準装備されたのだから、すばらしいではないか。ユーザーの評判がよかったのかな。メーカーや販売側の都合からすれば、エンジン内部の部品だから、オプション設定するくらいなら最初から付けてしまえということだったのかもしれない。
 他の改良点としては、脚回りの改良と、それにDE精密過給制御と呼ばれるエンジン制御が新採用された。DE精密過給制御とは、「軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう」な制御とのこと。これで低回転域でのトルク不足感が払拭されているといいのだけど、それはまた別の問題かな?

 CX-3だけかと思ったら、デミオも同時に改良された。

「マツダ デミオ」を商品改良、および特別仕様車「BLACK LEATHER LIMITED」を発売 |MAZDA
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201512/151224c.html

 デミオのディーゼルにもナチュラル・サウンド・スムーザー標準装備された。やったね! DE精密過給制御も採用されている。

 CX-3デミオは今回の改良により、マツダの目指す“人馬一体感”がさらに向上。元々魅力的な2台がブラッシュアップされてどう変わったのか。乗って確かめてみたいな。

|

« 新型プリウスタクシーの評価は……? | トップページ | 紅白 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/62932100

この記事へのトラックバック一覧です: CX-3が早くも改良!:

« 新型プリウスタクシーの評価は……? | トップページ | 紅白 »