« カー・オブ・ザ・イヤーはXC40 | トップページ

2018年12月31日 (月)

三車三様。アクア、ルーミー、ヴィッツに乗ってみた

 レンタカーまとめてインプレッション。今年乗ったのはアクアルーミーヴィッツトヨタ車3台だ。

●このクルマもか! まっすぐ走らない:アクア
Img_9873b2s6 まずはアクア。人気のコンパクトHVの実力やいかに。
 マイナーチェンジを経て、初期モデルからはライト類のデザインなどが変わっている。
 走りは、直進性の悪さが気になった。高速道路では、常にステアリングを微修正しないと安心して走れない。パッソのインプレッションでも使った言葉「まっすぐ走らないクルマ」をこのアクアにも感じる。そしてなんだかブヨブヨするステアリングフィールは気持ち悪い。パワーも足りない。高速道路合流時の加速がもたつく。運転の楽しさも特にない。
 ただ、ハイブリッドシステムのスムーズさはさすがだ。いつエンジンがかかったのかわからないし、全く気にならない。なお、燃費に関しては、レンタカーということもあって確かな値を計算できなかったため、ここでは言及しないこととする。
 2011年の暮れに発売されて以来、日本のベストセラーカーの一角を占めるアクア。しかし、その走りには正直なところ、いい印象は持てなかった。買う方も買う方だと思うが、売る方も売る方だと思う。こんなもんでいいやというトヨタの姿勢を垣間見た気がした。一方、オーナーはこんなもんでしょと満足しているのか、我慢して乗っているのか。僕にはわからない。

●背の高さが諸悪の根源:ルーミー
180907__1192s6_2 次はルーミー。同じくトヨタタンクダイハツトールスバルジャスティとは姉妹車であり、製造はダイハツが担う。カテゴリー的には、いま人気のトールワゴンだ。
 なんといっても室内が広い。乗り込むと、バンザイができそうなほど天井が高い。だが、走りは一言で表すと「鈍重」。走り出しは重く、コーナリングはもっさりしており、ブレーキング時は重いものをなんとか止めるような感覚がある。
 そして、アイドリングストップの扱いが難しい。以前、ダイハツタントムーヴで感じたストレスがこのルーミーにもある。停止する直前にブレーキペダルを戻すと、いったんストップしたエンジンが再びかかってしまうのだ。スムーズかつ、エンジンを再始動させずに停車するには、相当にデリケートなペダル操作が要求される。製造者であるダイハツは、ここを改善すべきなのではなかろうか。

180907__1202s6 ルーミーの諸悪の根源はこの背の高さだろう。頭上の無駄な空間を捨ててしまえば、かなり良くなるのではないかと思わずにいられない。果たしてここまでの高さは本当に必要なのだろうか。余計なことかもしれないが、ダイハツ トールのCMで普通の高さのクルマが上に伸びてトールになるシーンがあるが、僕はトールになる前の方が断然いいような気がしてならない。濱田岳も背が伸びた姿より今のままの方がいいと思うんだけどな。まあでも、この種のクルマが売れてるってことは、この高さを必要な人もいるのだろう。

●一番素直なコンパクトカー:ヴィッツ
181009__0622s6 最後はヴィッツ。2010年の末に発売された3代目がマイナーチェンジを重ねて今に至る。乗ったのは最新型で、1.0LガソリンエンジンのFというグレード。安全装備「Toyota Safety Sense」がついていた。
 8年間の熟成の効果なのか、なかなか好印象だった。ステアリングフィールは自然。脚はよく動き、乗り心地はソフト。かといって変にフニャフニャしたり、逆に突っ張ったりする感じもない。ガッチリとまではいかないものの、しっかりとしたボディの剛性感もある。エンジンの非力は否めないが、一般道を2名乗車で走るには必要にしてじゅうぶんだ。ATのセレクトレバーはフロアから生える昔ながらのもの。ゲート型ということもあって、シフトダウン・シフトアップがやりやすい。減速時や下り坂で積極的にエンジンブレーキを使いたい僕にとっては、小気味よさすら感じるとてもよいものだった。ちなみに、前出のルーミーの方は非常に操作しにくく、いわば月とスッポンである。

181009__1032s6 安全装備「Toyota Safety Sense」には、自動ブレーキの他に「レーンディパーチャーアラート」と呼ばれる車線逸脱警報装置も含まれる。ウィンカーを出さずに道路の白線やオレンジラインを跨ごうとすると、「ピーピーピーピー」と警告音が鳴る仕組み。高級車と違い、ハンドル操作などのアシスト機能はない。これがどの程度、安全運転に寄与するのかは少々疑問だが、ないよりはいいのかもしれない。なお、個人的には警告音がうるさいと感じることはなかった。また、塗装が剝げているようなラインは認識しないが、多少かすれている部分も含めてかなりいい精度で認識しているのがわかった。認識している時は、メーター内の液晶画面に左右個別に破線が表示される(写真は停車中なので、認識していない時のもの)。

181009__1022a6 今回の3台の中では、一番素直によくできたクルマだ。ヴィッツってこんなによかったっけ? と思ってしまった。これが長年の熟成の成果といったところか。(それにひきかえアクアは……。)
 ただ、デザインは好みが分かれそうだ。このゴキブリみたいな顔を、僕はどうにも好きになれない。

|

« カー・オブ・ザ・イヤーはXC40 | トップページ

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/67540898

この記事へのトラックバック一覧です: 三車三様。アクア、ルーミー、ヴィッツに乗ってみた:

« カー・オブ・ザ・イヤーはXC40 | トップページ